×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

付録のファイルその6へ(2008年2月6日〜)>2008年 冬の風景と鳥たち

冬の風景と鳥たち

冬になると、木の葉は落ち、鳥たちも食べ物が
少なくなってきます。
でも、他の季節よりも、鳥たちの姿を見ることが
多くなってくるように思えます。
食べ物が少ない分、鳥たちはいつもよりも
活発に動くようになってくるのでしょうか。



左はカモ(金黒羽白:
キンクロハジロ)です。
人影を見ると集まってきます。

ハシビロガモはこちらです

右は、川鵜(かわう)
人には近づきません。
カラスよりも大きいです。
左は、柿の実をついばむ
白と黒の鳥。名前は、
シジュウカラ(四十雀)

右は銀杏の木に隠れた小鳥。
これもシジュウカラです。

ツツピー ツツピー 
と鳴きます。
左は、メジロ。
毎朝つがいで飛んできます。

右は、ヒヨドリ。つがいで
庭に飛んできます。
左スズメの写真です。
毛づくろいをしてから、
お正月のダイダイの
稲穂をついばんだりします。

右は雪の降る日にみかんを
ついばむメジロです。

メジロの動画へのリンク


                    2007年秋の紅葉と風景へ  2008年 春の花 百花繚乱へ

この本は、身近にいる野鳥の名前を
調べるのに、便利な本です。

コンパクトで携帯しやすいです。

野鳥ガイドブック―バードウォッチング
のための市街地・野山・水辺の鳥186種