×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「世界のトピックス(天気)」付録の写真 その5     

トップページへ
付録の写真その1へ
2007年2月14日〜3月28日
付録の写真その2へ
2007年4月4日〜5月23日
付録の写真その3へ
2007年6月6日〜7月25日
付録の写真その4へ
2007年8月1日〜9月26日
付録の写真その5へ
2007年10月3日〜1月30日
付録の写真その6へ
2007年12月5日〜1月30日
付録の写真その7へ
2008年2月6日〜4月23日
付録の写真その8へ
2008年5月14日〜
付録のファイルその1へ
2007年3月21日〜5月23日
付録のファイルその2へ
2007年6月6日〜7月25日
付録のファイルその3へ
2007年8月1日〜9月26日
付録のファイルその4へ
2007年10月3日〜
付録のファイルその5へ
2007年12月5日〜1月30日
付録のファイルその6へ
2008年2月6日〜4月23日
付録のファイルその7へ
2008年5月14日〜
世界の置き物の写真
2008年7月23日〜NEW!
季節のお菓子 情報 季節の小物 書籍紹介


Vol_33(2007年10月3日号)

2007年9月20日撮影

ベゴニアは左右で非対称
の葉を持ち、雌雄異花で
あるのが特徴だそうです。
カリブ海に浮かぶ、サント
ドミンゴ島(現ハイチ)の
総督で、植物に詳しい、
Begon(ベゴン)さんから
名前がきているそうです。

クリックすると拡大します。
Vol_67(2008年10月8日号)

2008年10月3日撮影

カタバミ属です。学名の
Oxalisはoxys(酸っぱい)
が語源だそうです。
葉に、酸が含まれてい
て、噛むと酸っぱいそう
です。絞り汁は虫さされ
に効果があります。
食べ過ぎると、やはり毒
なので、体には良くない
そうです。

クリックすると拡大します。
Vol_34(2007年10月10日号)

2007年10月5日撮影

ニチニチソウ(日日草)は、
古くから民間薬に使われて
いるそうです。毒性もある
そうですので、注意する
必要があります。英語名は
オールドメイドだそうです。

クリックすると拡大します

Vol_91(2009年10月14日号)

2009年7月28日撮影

キダチ(木立)ベゴニアは
盛んに改良されて品種も
多く、葉に水玉の斑入り
のもの、ドウバ、ブロンズ
リーフと呼ばれる、銅の
ように赤黒く光沢のある
葉のものがあります。

クリックすると拡大します。
Vol_35(2007年10月17日号)

2007年10月10日撮影

キンモクセイ(金木犀)の学名
Osmanthus(オスマンサス)は、
ギリシャ語の osme(香り)+
anthos(花)」が語源だとか。
立派な巨木になりました。

クリックすると拡大します
Vol_68(2008年10月22日号)

2008年10月10日撮影

キンモクセイの巨木は左
これは、花の拡大写真。
雌雄異株の植物ですが、
日本では雄株しか入って
いないので実をつけない
そうです。中国では丹桂と
呼び、花を白ワインに漬け
たり(桂花陳酒)、茶に混ぜ
花茶にしたりするそうです。

クリックすると拡大します。
Vol_36(2007年10月24日号)

2007年10月16日撮影

ノボタン(野牡丹)は、実際は
牡丹には似ていません。
紫色の他、赤、白があるそう
です。雄しべの部分がクモの
足のようにみえるので、別名
スパイダー・フラワーです。

クリックすると拡大します
Vol_92(2009年10月28日号)

2009年7月28日撮影

サルビア(Salvia)はシソ科
の植物です。 薬用になる
ので、ラテン語のSalveo
(治癒する、健康の意味)
から、名がついています。
花の蜜が大変甘いそうです。

クリックすると拡大します。
Vol_37(2007年11月7日号)

2007年10月23日撮影

シュウメイギク(秋明菊)は、
白色の花もあるそうですが
ピンク色のものは、貴船菊
とも呼ばれます。
京都の北の貴船地方に多い
ことによるそうです。
キク科ではなく、アネモネ等と
同じキンポウゲ科だそうです。

クリックすると拡大します
Vol_93(2009年11月11日号)

2009年10月21日撮影

ゼラニウムは天竺葵(てん
じくあおい)という和名です。
南アフリカでは、香料として
栽培され、欧米では、
魔よけのために、窓辺に
置く花の定番だそうです。

クリックすると拡大します。
Vol_38(2007年11月14日号)

2007年11月13日撮影

ホトトギス(杜鵑)は、
秋の頃、日陰に生えます。
ユリ科の花だそうです。
英語ではジャパニーズ トオド
リリーと言われるそうです。
(トオドとはガマガエルのこと)

クリックすると拡大します
Vol_69(2008年11月12日号)

2008年10月25日撮影

秋には菊の品評会があり、
春の桜と並び、日本の象徴
の花です。花は食用になり、
ゆでてお浸し、酢の物、
天ぷら、吸い物、刺身のつま
に使われています。

クリックすると拡大します。
Vol_39(2007年11月21日号)

2007年11月20日撮影

ディアスシア・ダンサーは
ゴマノハグサ科の花です。
英語名は、Twinspurですが、
鳥の蹴爪が二つついてる
という意味だそうです。

クリックすると拡大します
Vol_94(2009年11月25日号)

2009年11月13日撮影

サザンカ(山茶花)は、
椿科の花です。椿と似て
いますが、山茶花の花は
1枚ずつ散り、椿は花ごと
散るそうです。(左にピンク
色の山茶花の写真)

クリックすると拡大します。
Vol_40(2007年11月28日号)

2007年11月27日撮影

サザンカは、秋に咲く、華や
かな花のひとつです。良い
香りがします。日本が原産地
で、学名も英名もサザンカだ
そうです。(Sasanqua)

クリックすると拡大します
Vol_70(2008年11月26日号)

2008年11月21日撮影

ツワブキ(石蕗)は、民間薬
(生薬名たくご)として、茎と
葉を打撲や火傷に用いる
そうです。特に、葉を火で
あぶったものは腫れ物や
湿疹に 薬効があるそうです。

クリックすると拡大します